提灯_洋服_雑貨.png

価値観はそれぞれ違えど、少し見方を変えるだけでかけがえのないものに思えてきます。誰かに話したくなるようなストーリーをご紹介します。

十人十色

むかしから作り手と使い手は互いに補い合いながら発展してきました。私たちの暮らしの身近にあるものこそ役に立つ逸品です。

地産地消

古き良きものを見直すと、日常に寄り添う良品が沢山あります。一度使うと手放せなくなる、そんな特別な品をご用意しました。

​温故知新

お膝送り店屋とは

江戸から現代まで、人々の暮らしの中で発展したデザイン・機能、共に優れたお店・作り手が軒を並べる店屋です。日本の伝統・文化の素晴らしさを見直し、店主の目利きによる、現代の生活に美しく馴染むような品をご紹介します。材料を調達し、ものを作り、売り買いされ、使われ、修繕する、江戸時代の商習慣を見直し日常に取り入れることで、私たちの暮らしの質を高め、活気ある街づくりを担いたいと思っております。

お膝を送り、少しずつずれてご入店下さい。江戸随一の良い品が揃う当店は混み合っておりますが、大変満足頂ける時間となりましょう。どうぞごゆるりとお楽しみください。

つくり手のストーリー

使い手のストーリー

店屋のストーリー

「つくり手のストーリー」は、ものの歴史と生み出した人の歴史。つくり手の思いやものに込められた思いを紹介します。

「使い手のストーリー」は、ものがどの様に人々の生活に寄り添い、大事に使われてきたかを伝えます。

「店屋のストーリー」は、江戸の文化から今の時代に至るまで受けつがれてきた技術や商品を届けます。

ストーリー