江戸の町方の衣と食

 近世の服装は庶民を中心に発達し、現在の和服の原型ができあがった。とくに職人や商人の間では、半纏(はんてん)・法被(はっぴ)などの機能的な仕事着が定着し、職業に応じて様々な形や意匠でつくられた。  

 裕福な家庭では、祭礼や芝居見物の折に着物を新調して着飾って出かける光景も見られたが、普通は古着を購入するか、端切れ(はぎれ)を買って自分で仕立てた。衣服を大切に長く着ることが通念とされ、何度も洗い張りをし、仕立て直し、破れをつくろいながら最後には雑巾(ぞうきん)やおむつになるまで利用した。履き物・髪型・化粧などでも、華やかな町人文化のもとで様々な流行がみられるようになった。

 一方、江戸時代は食生活においても大きく展開した。まず、食事の回数が朝夕の一日二食から朝昼晩の一日三食に変わった。江戸の人々の日常の食事は簡素なのであったが、祭礼や行事の時には大きな商家などで盛大な膳(ぜん)が振る舞われた。  

 また、都市社会の成熟を背景に、高級な料理茶屋が出現した。料理本が数多く刊行され、名物菓子を商う店も多かった。単身者の男性や長屋住まいの小家族が多い江戸の町では、手軽な外食がさかんで、納豆や惣菜(そうざい)の行商、そば・寿司・天ぷらなどの屋台が繁盛した。  

 食通を自認する江戸っ子は、江戸前(えどまえ)の海の幸や近郊の旬の野菜を楽しんだ。とりわけ初物好みは有名で、初鰹(はつがつお)などの初物を高価をいとわず競って買い求めたため、しばしば禁令が出されるほどであった。こうした江戸独自の食文化は、現代の食卓へと受け継がれている。

関連記事

すべて表示

村から年貢を取り立てることを財政の基盤としてきた幕府や大名などは、積極的に灌漑用水(かんがい)や河川流路、新田(しんでん)の開発をすすめて生産量の増加をはかった。きめられた年貢を納入したあとの余剰作物を自家消費にとどめていた村では、年貢の一部が金納で認められるようになると、しだいにそれぞれの地域性を生かした江戸向けの商品作物を多く作るようになり、やがてそれらは地域の特産物として広く知られるようにな

江戸から第1番目の宿屋である品川宿(しゅく)(東海道)、千住宿(日光道中・奥州道中)、板橋宿(中山道)、内藤新宿(しんじゅく)(甲州道中)は、江戸の玄関口であった。これらの宿は<江戸四宿(ししゅく)>と称され、しだいに行楽や遊興の地としても知られるようになった。 宿では、公用の物資や人を次の宿まで送る伝馬(でんま)の制が課さられ、参勤交代(さんきんこうたい)の制度化により本陣(ほんじん)・旅籠屋(

江戸と関東一円を結ぶ交通手段には、人馬を使った陸上輸送のほか舟運が重要な役割を果たした。 銚子から出た船は利根川をさかのぼり、関宿から江戸川を下り、小名木川(おなぎがわ)を経て、江戸に到達した。江戸には穀物や木綿、さらに酒・醤油・味醂(みりん)などの醸造品を運び、帰りは日常雑貨や江戸の文化を運んだのである。 一方、荒川の支流の新河岸川(しんかしがわ)は1647年(正保4)、川越藩主松平信綱(のぶつ