箸と手_江戸木箸_大黒屋_極縞黒檀.png

江戸木箸 大黒屋

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_利休_お膝送り_伝統工芸.jpg

< つくりてインタビュー >

 この未開発分野を極めれば何か面白いかなと思ったんですよね。やりがいがあるというか、この分野を創っていけるというんですかね、何か、とにかくワクワクしていたというか。若い頃はそんな感じでしたね。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_利休_お膝送り_伝統工芸_高級.jpg
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ.jpg

 自分の思いをしっかりストレートに伝えた方が、伝わるなというのを三十後半くらいで気付いて。

 それから自分が楽しんでとにかく話そうっていうことと、お客様が何を望んでいるかをすごく察知してあげよう。という二つを中心にお話をさせてもらっている感じですかね。

大黒屋_江戸木箸_専門店_通販- 2021年12月24日 19.png

 お箸って結局は人それぞれ手の大きさだったり、感覚が違うように、その方の手にしっくりくるものが、その方にとって一番いいお箸なので。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC.jpg
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店_こだわり.jpg

 こういうのがあったらいいんじゃないか。こういうのがあったらもっと使いやすい人も増えるんじゃないか。というのを一つずつ増やしていったら今に至るので、結局は終わりがないんですよね。

お膝送り店屋_箸の国の人.png
箸づくり_イラスト_お膝送り.png

 その中でも、こだわっているものだったら七角利久という形ですね。それが一番、江戸木箸の中では手間のかかる技術も必要ですし。手間のかかる形になるので、代表的な逸品なのかなとは思いますね。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ.jpg
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀.jpg

 私が全部、一から十まで手がけている七角利久に関しては、漆も自分で全部やっているというのが最大の特徴です。

基本的には江戸木箸は、直しながら、メンテナンスをしながら繰り返し何回もお使いいただけるようなお箸になっているので、そういう中では人との付き合いというのは、お箸を使っていただいている以上途切れることはないのかなとは思います。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店.jpg
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地.jpg

 変わらないようにしていることは「誰のために作っているか」ってことですね。自分のためには作っちゃいけないと思うんですよ。自己満足はダメで、やはり人を満足させたい。喜ばせたいという思い。もうそれ一点です。

 変わるべきことは「現状不満足主義」ですね。要するに現状に満足しないで更なる進化を求めて努力していくということ。そして、人の話もちゃんと聞く、笑。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店_こだわり_形状_一生もの.jpg
大黒様_江戸木箸_七角利久.png
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店_こだわり_形状_一生もの_歴史.jp

 どういう想いでこのお箸を作ったのかなとか。このお箸の塗りがどういうふうに施されているのかなとか。そういうのをしっかりと勉強して、わからなければ自分で調べる。というのを繰り返していきながら高みを目指していくのがベストかなと思いますね。

向島の七職人_お膝送り店屋_イラスト_江戸木箸.png

 本当にやっていることは地味なんですけれども、やっていることは同じなようで、実は違うんですね。やはり進化しているので、同じような作業でも毎回毎回、微妙に違うんですよ。それの繰り返しを、何回もやっていくので。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店_こだわり_形状_一生もの_歴史_文化
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店_こだわり_形状.jpg

 今まで私も何十万膳ってたぶん製作してきたと思うんですね。ただそうなる中で、最初の一膳よりも今の一膳の方がしっかりしたものは作れているでしょうし、さらに一年後のその一膳の方が、ちゃんとしたものが作れればいいかなっていう思いでは日々やってますかね。

 娘や息子にも、子どもたちにも木箸を使わせようかなとか、いいお箸を使わせようかなと思ってもらうまでが大変なので、今は伝えていく段階であるのかなとは思います。

 それでも一時よりはそういう親御さんもすごく増えてきていますので、少しずつ実は実ってきているのかなとは思いますかね。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_工芸品.jpg
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店_こだわり_形状_一生もの_歴史_文化

 私にとってこのお店は、江戸木箸を製作している身として、やはり若い頃からやってきているので「命を懸けているもの」です。

 これからもそうなんですけど。本気で取り組んで行ける唯一のものですよね。私にとっては。

江戸木箸_植物_お膝送り店屋.png

 見た目だけではなくて道具としての機能性で選んでみるというのも一つのお箸の選び方なので、やはりそれに特化しているのが江戸木箸だと思うので。そういう世界をより多くの方に知っていただければ、作り手としては何よりかなと思いますね。

江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_種類_器と箸_縞黒檀_食器_黒_サティーネ_EC_人気_極縞黒檀_箸の良さ_人気_使い心地_専門店_こだわり_形状_一生もの_歴史_文化
商品紹介_お膝送り店屋_商品_EC_通販.png
江戸木箸_墨田区_漆_箸_プレゼント_七角_利休_お膝送り_伝統工芸_高級_職人.jpg

大黒屋 丸川さん

お膝送り店屋_江戸木箸_大黒屋_縞黒檀.jpg
お膝送り店屋_江戸木箸_大黒屋_サティーネ.jpg
お膝送り店屋_江戸木箸_大黒屋_夫婦箸.jpg

< インタビュー動画 >